株式会社キャスター

NEWS&INFORMATION

2021.07.01 Press Release

キャスター 、東京拠点閉鎖。地方創生の取り組みで「転職なき移住」「転出なき就職」の選択肢を


フルリモート経営の株式会社キャスター(本社:宮崎県西都市、代表取締役 中川祥太)は、東京都渋谷区の拠点を2021年6月30日付で閉鎖したことをお知らせいたします。

東京拠点閉鎖の背景

当社は、2019年9月に本社を東京から宮崎県西都市に移転しましたが、その後も取材対応やメンバーのワークプレイスの選択肢の一つとして渋谷区に拠点を設置しておりました。

しかしながら、自宅で働く人が多いことや、都心にはコワーキングスペース、カフェなど働く場所の選択肢が多い事もあり、東京拠点を利用するメンバーは極めて少数でした。
またコロナ禍により、オンライン取材が増え、PR関連の利用も減少しました。

採用面においても、創業時よりリモートで採用を行うフローができており、東京にオフィスがなくとも人材が集まり、全国47都道府県に住むメンバー800名以上が活躍しております。
総務機能も全て、本社への移管が完了しており、オフィスコストを鑑みても都心にオフィスを借りる必要性が薄れており、閉鎖することといたしました。

地方創生の取り組み

東京拠点を閉鎖する一方で、地方への拠点作りには引き続き力を入れております。

政府が6月、「まち・ひと・しごと創生基本方針2021​」で地方創生の方向性についてまとめています。その中で都市部に立地する企業などに勤めたまま地方に移住して地方で仕事をする「転職なき移住」の推進が掲げられています。

リモートワークの魅力の一つは、住む場所が仕事に左右されないことです。同じ企業に勤めながら移住することも(転職なき移住)、移住せずにどこに住んでいても収入面で地域格差を受けず、業種の選択肢を増やすこと(転出なき就職)もできます。

当社はこれまで、リモートワークを身近に感じる事ができる拠点「キャスタースクエア」を各地に展開してまいりました。

また、2021年3月1日には、本社がある宮崎県西都市にカフェ×コワーキングスペース「tomosite」をオープンしております。
「tomosite」は7年間全社でリモートワークを実践してきた当社が考える快適なワークスペースを具現化しており、社内外の方にご利用いただいています。

リモートワーク環境が整っていない地方にも、「tomosite」のように仕事をしやすいワークスペースを展開し、社内外を問わずリモートワークをしたい働き手がどこに住んでいても地域格差の影響を受けることなく活躍できる社会を作り、地方へのひとの流れを創出していく所存です。

キャスター拠点所在地

キャスタースクエア西都(本社)
宮崎県西都市鹿野田11365-1 神楽酒造内 アグリ館2階
*カフェ×コワーキングスペース「tomosite」併設

キャスタースクエア岩国
山口県岩国市麻里布町2-5-17 1階 Class Biz.内

キャスタースクエア宮崎
宮崎県宮崎市橘通西3-10-32 宮崎ナナイロ東館8階 ATOMica内

キャスタースクエア椎葉村(2022年9月新設予定)
宮崎県東臼杵郡椎葉村大字下福良1829-57 椎葉村交流拠点施設 Katerie内

カフェ×コワーキングスペース「tomosite」
業務に集中できる個室ブース、地方の広大な土地を活かしたコミュニケーションや創造力を高めるスペースを完備。

経理のオフライン拠点「キャスタースクエア岩国」
オフライン業務からリモート業務までクライアントの経理業務を全て対応可能。

キャスタースクエア椎葉村
日本三大秘境の椎葉村への移住者にキャスターが仕事を提供予定。

(2022年に拠点立地予定のKaterie内コワーキングスペース)

お気軽にお問合せ下さい