株式会社キャスター

NEWS&INFORMATION

2020.03.11 Press Release

キャスターと全国住み放題多拠点居住コリビングサービス『ADDress』が協業、リモートワーカーの就業環境と居住場所を支援


「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げ、700名以上のメンバーがリモートワークする株式会社キャスター(本社:宮崎県西都市、代表取締役 中川祥太)は、月額制で全国の家に自由に住める多拠点ライフプラットフォームを展開する株式会社アドレス(本社:東京都千代田区、代表取締役 佐別当隆志、以下 「ADDress」)と協業し、リモートワーカーの就業環境と居住場所を支援する取り組みを開始いたします。

■協業の背景

当社が2019年8月に社内で実施したアンケート(※1)では、72%のメンバーが「ワーケーションに興味がある/今は無理だがいつかしたい」と回答、48%のメンバーが「移住に興味がある/今は無理だがいつかしたい」と回答しました。
この結果により、当社のメンバーには、リモートワークできる環境を活かして「新しいワークスタイルを取り入れたい」、「住む場所を自由に選びたい」というニーズがあることが伺えます。
そのようなニーズを持つメンバーに、働く場所としても居住場所としても利用できる、多拠点コリビングサービス「ADDress」の利用機会を提供することといたしました。

当社が目指す社会は、リモートワークが普及し、限られた人だけではなく、誰もが自由な働き方を選択できる社会です。
現在、多くの企業がリモートワークの導入を進めていますが、人々の暮らしや住む場所は、未だ働く場所に影響を受けている状況です。さらにリモートワークが広まることで、働く場所の制限がなくなり、住む場所への自由度が増すため、自分や家族がどう暮らしたいのか見つめ直す人も増えると考えられます。

今回の協業では、まず当社メンバーに対してADDressのサービスを提供し、新しい働き方や暮らし方の事例を社会に発信してまいります。

長期的には「#全国創生」をスローガンに掲げるADDressと共に、労働革命および居住革命を起こすとともに、地方の関係人口増加や地域活性化へとつなげ、次世代の地方創生を推進することを目指します。

※1:回答者数:260名

 

協業内容

1) 当社メンバーにADDressの会員権を特別価格で提供
2) 全国各地にできるADDressの新しい家の家守(※2)になる当社メンバーを募集
 ・家守はADDressの家に住み込むことも、通うことも可能
 ・家のメンテナンスや、ADDress会員の地域への受け入れ業務などによって、副業収入も得られる


上記の取り組みを3月より開始し、その後も新しいライフスタイルを普及させるためのイベント共催や、リモートワーカーに向けて就業環境と居住場所を支援する取り組みを順次行なってまいります。


※2 家守:各地のADDressの家で会員の地域生活をサポートするコミュニティマネージャーです。
各物件には個性溢れる地域住人が管理者として担当に付き、地域との交流の機会やユニークなローカル体験、その地に暮らしているからこそ分かる情報を提供します。

 

■「ADDress」とは  

https://address.love/

ADDress は、登録拠点ならどこでも住み放題になる、サブスクリプション型の多拠点居住のシェアサービスです。

「全国創生」をミッションに、日本各地で自由に住まい、働く関係人口を創出します。観光ではない「暮らし」の場を提供することで、リモートワークの拠点としてはもちろんのこと、地域独自の自然や文化、その土地の人々との交流を通して仕事や体験が生まれていく、新しい居住のかたちを実現します。
働き方の多様化や、さまざまなライフプランに応じた生活拠点の気軽な変更を可能にします。

お気軽にお問合せ下さい