株式会社キャスター

NEWS&INFORMATION

2017.10.25 Press Release

地方創生プロジェクトを新たに開始 〜ワーケーションによって各地域の魅力を発信。希望の自治体を募集!〜


「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げ、オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」を展開する株式会社キャスター(本社:東京都渋谷区、代表取締役 中川祥太、以下「キャスター」)は、地方創生プロジェクトを開始することをお知らせいたします。

 

■リモートワークにより、各都道府県での就業を推進

キャスターでは、秘書・人事・経理等のバックオフィス関連のタスクを、メッセージ一つで請け負うオンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」をはじめ、リモートワークを切り口とした様々なサービスを提供し、これまでに200社以上の企業に導入いただきました。

 

キャスターのメンバーは、このようなサービス提供をリモートワークで行なっています。本社がある関東圏外に住んでいるメンバーが約7割であることから、各地域での就業希望者が多いことを実感しております。東京都から移住予定・または移住を検討している方は約4割と言われていますが、移住する上での不安・懸念として「働き口が見つからないこと」が挙げられており(注1)、リモートワークが解決策の一つになると考えました。

 

そこで、キャスターがこれまでに培ってきたリモートワークのノウハウを活かし、各地域におけるリモートワークの普及促進や情報発信を行うことで、UIターンや観光による地域活性化ができると考え、本プロジェクトの開始に至りました。

 

■ワーケーションによって各地域の魅力を発信

本プロジェクトの第一弾として、当社のメンバーが各地域でワーケーションを行い、現地の魅力を発信します。ワーケーションとは、リモートで仕事(ワーク)をしながら、休暇(バケーション)を楽しむ、仕事と休暇を一体化させた新しい働き方です。このワーケーションを各地域で実施し、コワーキングスペース等の働く場所や観光地、イベントへの参加、地域の方々との交流を通して知った現地の魅力を発信し、地域のPRに繋げます。

 

<事例概要:島根県>

出雲大社や石見銀山など、様々な歴史的建造物・遺産で有名な島根県ですが、今回お伺いしたのは

県西地域。益田市、津和野町、浜田市、江津市を 巡ってきました。

まずお伺いした津和野町は、もともと城下町で昔からの街並みが見える、「山陰の小京都」と言われるエリア。年に1回の伝統神事「鷺舞」の日で、貴重な舞踊を観ることができました。

仕事は益田駅前のホテルで行いました。

<事例概要:北海道下川町>

旭川の北部に位置する下川町は、積雪量が多く、これまでに何人ものスキージャンプのオリンピック代表選手を輩出しています。

90%が山林で、林業、建築業が主な事業となっており、豊富な資源や町づくり、積極的なプロモーション活動等の様々な取り組みから、町外からの移住者がたくさんいらっしゃるそうです。

仕事は町にある温泉旅館で行いました。

■募集要項
・期間:随時

・対象:観光者や移住者を増やしたいと考えている、都道府県・市区町村の自治体の方

・申し込み・問い合わせ:問い合わせフォームより、「ワーケーションでのPRについて」とご連絡ください。http://caster.co.jp/

 

この取り組みにより、各地域の魅力を多くの方に知っていただき、訪れるきっかけを作るとともに、新しい働き方の認知拡大に繋げてまいります。

 

注1) 内閣官房「東京在住者の今後の移住に関する意向調査」

 

■本件に関する問い合わせ先

株式会社キャスター 広報担当 勝見
TEL:03-4405-7416
e-mail:katsumi@cast-er.com

お気軽にお問合せ下さい

お名前 本文
フリガナ
メールアドレス 送信内容を確認したらチェックを入れてください。
お問合せ理由

お気軽にお問合せ下さい

お名前
フリガナ
メールアドレス
お問合せ理由
本文
送信内容を確認したらチェックを入れてください。